岩下の新生姜と山本食品工業の新生姜が似てると問題に因縁の対決の行方は?

こんにちは!ドノるるです。

栃木県では超有名な岩下の新生姜。

新生姜ミュージアムはインスタ映えスポットとしても有名ですよね。

その「岩下の新生姜」によく似た商品が、売り場で間違われて買われていることが話題になっています

その似ている商品を販売している会社は「山本食品工業

詳細は2021年1月10日のTBSテレビ『噂の!東京マガジン』で放送されました。

岩下食品、山本食品工業、どちらも一歩も引かない感じでバチバチ感が伝わってきましたね

どれくらい似ているのか?調べてみました。

新生姜のパッケージはどれくらい似ているのか?

わたしたちは新生姜といえば岩下食品のイメージがCMなどで頭に埋め込まれていますので、パッケージに新生姜とかいてあれば岩下食品の商品と思って思い込んで似ているパッケージでも買ってしまうのです。筆者も間違えて買ったことがあります。

味は岩下食品の新生姜は辛みが少なく食べやすく、山本食品は辛みが強く歯ごたえも硬い感じ繊維が残ります。好みにもよりますが味は全然違いますので食べればすぐにわかるでしょう。

らっきょうのパッケージも似ている?

山本工業食品HPより引用

岩下食品HPより引用

岩下食品の公式サイトでも類似している問題を公表していますのでご覧ください

山本食品工業株式会社に対する警告書の発送について⑥
山本食品工業株式会社に対する警告書の発送について⑥令和2年11月26日岩下食品株式会社(本社:栃木県栃木市、代表取締役社長:岩下 和了、以下「当

<これまでの経緯>

令和元年11月20日通知書送付①
山本食品工業の一部商品の商品名称及びパッケージデザインの使用停止を求める旨通知
令和元年11月28日回答書受領①
山本食品工業の新生姜商品は、当社商品である「岩下の新生姜」を模倣しておらず、お客様が混同することがないことが明らかとの回答
令和元年12月19日通知書送付②
当社に寄せられた、混同、誤認が生じたとのお客様からの声をもとに、再度商品の類似性、混同が生ずることを述べ、使用停止を求める旨通知
令和2年1月22日回答書受領②
消費者が、当社商品と山本食品工業の商品とを混同することは考えられない旨の回答
令和2年3月4日通知書送付③
お客様より寄せられた、お客様が損害を受けているという生の声に加えて、当社が新生姜を開発し、長年にわたり世の中に広めてきたという事実に基づき再度通知
令和2年3月30日回答書受領③
お客様からの声は山本食品工業による模倣の根拠とはならない旨の回答、及び当社ホームページ掲載の警告実施の告知リリースの削除要求
令和2年4月20日通知書送付④
小売店の売場においても当社と山本食品工業の商品を混同する事例が発生している事実、当社が権利侵害を警告している時期にもかかわらず別の模倣品を販売している事実等を指摘
令和2年5月22日回答書受領④
小売店の売場での陳列方法について山本食品工業は関知しないこと、及び当社お客様の声は模倣の根拠にはならない旨の回答
令和2年10月14日通知書送付⑤
当社商品と山本食品工業の商品の混同可能性に関する第三者機関による調査結果により、紛れもなく誤認混同が生じていることを指摘
令和2年10月30日回答書受領⑤

当社による調査結果は、質問が誘導的であり、調査会社を開示していないことなどから疑問を感じるものである旨の回答

岩下商品HPより引用 https://iwashita.co.jp/news/201126_keikokusho6/

山本食品工業の公式サイトでは特に類似している件についての記事は公表していませんでした。

奈良漬・漬物は山本食品工業。らっきょう、しょうがなどの漬け物で“うまさと健康”をお届けします。
奈良漬・漬物は山本食品工業。大正10年創業より埼玉県行田市から「むさしの小舟」「源喜亭」のつけものブランドで“うまさと健康”をお届けします。贈答品やお中元、お歳暮にぜひご利用ください。

岩下食品の山本食品工業株式会社に対する警告書の発送に関しても、いままでの経緯をみても決着には時間がかかりそうです。

まとめ

似てる似てないは人によって違うとは思いますが、筆者はデザインは似ていると思います。

売り場で並べられて売られていたら間違って買ってしまうのもわかります。

現時点では、両者の意見が平行線をたどり和解するにはまだまだ時間がかかるようです。

買い手が間違わないようによく見て買うしか今のところ方法はないようですね。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました