聖火リレーで陣内智則が走るコースはどこ?走る区間や応援できる場所を調べてみた!

こんにちは、ドノるるです。

令和3年4月25日から令和3年5月11日まで緊急事態宣言の実施区域の兵庫県ですが、聖火リレー予定日は宣言開け後(延長がなければ)の5月23日24日の2日間で開催予定です。

神戸新聞によれば、実施予定日に緊急事態宣言などが発令されていなければ予定通りに実施するそうです

兵庫県では、お笑いタレントの陣内智則さんが聖火ランナーとして走ることが決定しています。

ところが

兵庫県のどこ?を走るのか公表されてません。

そこで、陣内智則さんが、どこを走るのかを調べたところ

当日の本番30分前まで発表しないことがわかりました。

また、著名人ランナーに限らず、ランナーの走行スロット(走行区間)に関する情報は、走行区間スタート予定時間の30分前まで公開せず、聖火ランナー本人からのメディアやSNS等での公表も禁止する。

Yahooニュースより引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/cf257176f18abdffc77bfea9039cce10a0de1c32

この記事では、陣内智則さんが聖火ランナーとして走る場所を推理し予想しています。

聖火リレーで陣内智則が走る兵庫県のコースはどこ?

とSNSでも、陣内智則さんは辞退しないことを発信しています。

その走る気まんまんの陣内さんが、どこを走るのか調べてみました

調べた結果、2020年の延長前の記者発表資料を発見。

記者発表資料によると陣内智則さんが走るコースは「加古川」でした。

延長になる前に決まったコースですが他県の芸能人を見ても延長前との変更はないので間違いないでしょう。

聖火リレーで陣内智則が走る区間はどこ?

スタート地点加古川市役所前広場のどちらかではないかと予想しました。

どちらか迷いましたが

陣内智則さんが走る区域は、ズバリ! 加古川市役所前広場(ミニセレブレーション会場)と予想します。

理由は

  • 一般道では本番30分前の発表で急に観客が押し寄せ混雑してしまい密集してしまう。
  • ミニセレブレーション会場で観覧するスペースが他の会場より広いことです
  • 事前に入場制限されている場所であれば密集を防げる

■スタート地点  赤い部分が観覧スペース

■加古川市役所前広場(ミニセレブレーション会場) 赤い部分が観覧スペース

赤い観覧スペースが広いですよね。

陣内智則さんが走るところをなるべく多くの人が見たいと思うので、ここがベストではないかと考えました。

それと、スタート地点と加古川市役所前広場の2か所は観覧申し込み条件が「居住地・年齢の条件はなし」ということもあります。

この他の場所は、加古川市・高砂市・稲美町・播磨町に在住の方のみが観覧できます。

なので、陣内さんの関係者の方や吹奏楽部など聖火リレーを盛り上げてくれる方々をカメラに収めたい報道関係者の方も集まるのではないかと予想します。

聖火リレーで陣内智則を応援できる場所を調べてみた!

加古川市では次のように

東京2020オリンピック聖火リレーが加古川市にやってきます。聖火リレーの通過に伴い、人が密集することを避け、新型コロナウイルス感染防止のために事前予約制の観覧エリアを設置することとしました。観覧エリアの入場を希望される方はお申し込みください。

加古川市公式サイトより引用https://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/kikakubu/kikakubukohoka/tokyu_olympics_paralympic/30699.html

観覧エリアからの応援になります。

まとめ

この記事では陣内智則さんが走るコースや区間を予想してみました。

陣内智則さんが走るコース(場所)は加古川市で区間は加古川市役所前広場と予想してみました。

緊急事態宣言が延長しないで予定通り聖火リレーが実施できるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました